安心・安全・住みやすい!東京に引っ越す女子必見!

女性がこだわるべき引越し先のポイント

文京区に住むメリット

女性が都内に住む際に人気の街といえば文京区です。このエリアは文の都とも呼ばれていた街で様々な文人や学者が多く住んでいました。そのせいかとても静かで落ち着いた雰囲気なので、文系女子から高い人気を誇っています。
単身者の割合は男性4:女性6でアクセスも良くとても住みやすい街です。治安も良く、公園や池・植物園に神社が数多くあるので散歩にもぴったりのエリアです。
文京区の平均賃料は1R~1LDKで10~12万円が相場で、やや高めですが近所付き合いも有りセキュリティ面もしっかりしているので、安全を買うと思えば高い契約ではありません。
コンビニエンスストアや飲食店を含む商業施設もあるので、買い物に困る事も無く住みやすいエリアです。

文京区に住むデメリット

治安が良く、良い雰囲気を持った文京区ですがやはり賃料がネックになって住めないと言う声もあります。別の項目で説明した様に平均賃料は10~12万円で郊外、他県だと半分以下で住めるので無理して都内に住む必要は無いと考える方にはデメリットです。
また商業施設が多くあると説明しましたが、その割には24時間営業しているスーパーなどは少なく場所によっては21時を過ぎるとコンビニエンスストアくらいしか開いていない可能性もゼロではありません。
細い道が多く車移動がメインの場合は運転しづらいと言う意見もあるので、徒歩や自転車、公共の交通機関での移動をおすすめします。夜間帯に開いているお店が少ないのは女子としては、マイナスポイントです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ